病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  眼と視力
  レーシック手術の知識
  手術の費用
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

その対処法

近視や遠視、乱視の症状が現れた場合、
メガネやコンタクトレンズを使用するのが一般的な対処法です。

近視であれば凹レンズを利用することで屈折力を調整し、
網膜の適正な位置に焦点が合うようにします。

遠視のケースでは凸レンズを、乱視では円柱レンズまたはトーリックレンズなどを利用します。

乱視はメガネよりコンタクトレンズのほうが矯正効果が高いとされています。

メガネ、コンタクトレンズともにそれぞれメリット、デメリットがありますので、
自分のライフスタイルや年齢などを考慮して選ぶ必要があります。

なお、近視になりかけの状態を仮性近視と呼びます。
これは長期間にわたって近距離を見ることが続いたような状況で近視の症状が出るものです。
この場合は点眼薬で改善することが可能です。


目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求